旅行中にもスマホゲームをする子供が増加中

旅行中にスマホをいじる子どもたちへの対策として

現代はスマホ全盛期と言っても過言ではありません。子供であってもスマホを所持していて、それを使ってゲームなどをしています。中にはスマホ中毒になっているような人たちも少なからずいて、そういった人たちは旅行中であっても周りの景色を見ることなく、スマホの画面を凝視していたりします。こうした問題は特に小さな子供を中心にしてよく見られる傾向だと言われています。親としては、たとえばスマホを触らせる時間を制限したりという工夫が必要になってくることでしょう。フィルタをかけて、無駄なゲームやサイト巡りをできなくさせるのもいいかもしれません。

そもそもスマホを買い与えないのも一手

そもそも、分別がつくまではスマホを買い与えないのも一つの手として有効かもしれません。幸い、日本にはガラケーというものがまだ存在していますから、連絡をするためだけならこうしたものでも十分なはずだからです。ゲームがしたいというのなら、スマホでなくても携帯ゲーム機を購入してあげるのもいいでしょう。スマホよりはできることが少ないですから、中毒になる心配もその分軽減されます。ただ、そうして最新のデジタル機器から遠ざけてしまうと、子供の勉強のためにならないという意見もあります。子供のうちから最新のデジタル機器を使いこなせるようになっておくことこそが、子供ためだという親もいます。

海外旅行で英語の勉強をしよう

英語は習うより慣れろがセオリー

海外旅行では、英語の勉強をすることも十分に可能です。たとえば、観光ビザでも数ヶ月の滞在が認められている国もありますから、そうした国に旅行に行ってしばらく現地で滞在をするだけで、かなり英語力アップには繋がります。語学というのは習うより慣れろと言われるように、まずはその言葉が使われている場所に行ってみるというのが一番効率的な方法となるからです。現地で数ヶ月も滞在していれば、英会話教室に一年通う以上の目覚ましい成果が得られるかもしれません。アメリカやイギリスはもちろん、日本から近いフィリピンなども候補地として挙げられます。

旅行ならこまめに行ったり来たりが可能

語学留学をするときには、かなりまとまった休みを取らなくてはなりません。数ヶ月の休みというのは、社会人にはなかなか取ることができません。しかし、旅行で英語を学ぶのであれば、一回の滞在はそれほど長期間にする必要もないのです。空いた時間にちょっと行って、またすぐ帰ってきて、またちょっと行くということを繰り返して、長い時間をかけて勉強をしていくということも可能です。ですから、こうした方法は長い休みを取りにくいビジネスマンには人気があります。フィリピンなら近いですし、旅費も安いですから、週末ごとに行って現地の英語に触れるという芸当も可能です。

ツアー旅行の魅力とは何なのか

すべて旅行会社がやってくれる点が便利すぎる

旅行会社は、さまざまなツアー旅行を提案してくれています。こうしたツアー旅行は、移動について自分で手配をする必要もありませんし、宿泊先の予約などもわざわざ自分でする必要がない点が便利だとされています。忙しい人は、こうした旅行時の手続きが面倒だという人が多いですが、ツアー旅行ならそうした手続き面についてはすべてきちんと旅行会社がやってくれるので、間違えてしまうこともありません。すべて旅行会社にお任せをしておけば、旅行初心者でも安心して旅を楽しめるというのが大きな利点の一つなのは間違いがないでしょう。

団体旅行なので値段が安い

ツアー旅行は、数十人という団体での旅行になるのが普通です。このおかげで、常に団体割引を利用できる状態になり、一人当たりの費用は安く済ませられるという利点があります。他人と一緒ですから、海外などでも犯罪に巻き込まれるケースはほとんど見受けられません。きちんと旅行会社の担当者も随伴してくれるので、トラブル時にも安心ができることでしょう。大勢での旅は、それだけでとても楽しいものですし、友達を作るのにも最適です。同じ趣味を持つ人たちと知り合える機会はあまりないので、孤独感に苛まれているお年寄りなどにもありがたがられています。

どうすれば格安で旅行ができるのか?

夏休み期間などの混雑時は回避する

夏休みや正月休み、ゴールデンウィーク期間などは、たくさんの人が旅行にでかけようとします。飛行機のチケットはもちろん、旅館の値段もアップする可能性が高いですから、こうした混雑時は回避するのが賢い方法となります。できれば他の人が旅行をしないような時期に行けば、費用を安く済ませることができるでしょう。その上、一般的な飛行機チケットではなくて格安航空券を利用すると、大幅に費用負担を削減できるのは現代の常識です。もちろん、行き先の選定も値段を大きく左右しますから、安い地域に旅行に行くというのも費用削減のセオリーになります。

円高の時期に旅行をすると安く済む

円が高い価値を持っているときに海外旅行をすれば、その分費用負担は減らせます。円が強いですから、少ない金額でも現地で大きな買い物ができたりします。円高だというニュースが流れたら、海外旅行をするチャンスだと覚えておくといいでしょう。逆に円安のときに海外に行くと、ちょっとした買い物でも割高感が出てしまうのであまりお得とはいいがたいです。こうした時期には、できれば国内旅行をすることでダメージを最小限に食い止めるなどの工夫が求められます。他にも、ツアー旅行に参加することで費用を抑えるなどの工夫もできます。

旅行の予算とやりたいこと

旅行の予算は十分ですか?

旅行に行くときに悩むのが、予算との兼ね合いです。良いホテルや旅館に泊まりたい、おいしいものを食べたい、たくさん遊びたいなど、要望すべてを叶えるには、それ相応の予算が必要です。しかし、すべてを叶えるだけの予算があるときもあれば、十分な予算を確保できないことがあるのも現実です。

そんなときは、プランを見直して削れるところを削るしかありません。旅行の目的を明確にして、それを踏まえてやりたいことの優先順位を設定し、それに従って予算を割り振ればいいのです。ですが、果たして、どこでどう削ることができるのでしょうか。

どこから削る?どこなら削ってもいい?

例えば、交通費を削る方法です。飛行機であれば格安航空券にすることで、経費を削減できます。新幹線では指定席ではなく、自由席にするといった方法が考えられます。高速バスの利用も、手段の一つとして考慮に入れることができます。宿泊先をホテルや旅館ではなく、安くすむビジネスホテルにするという方法もあります。

このように経費を削る場合、どの部分をどこまで犠牲にするのかを考えることになります。できることなら、お金の心配をせず、のびのびと目一杯旅行を楽しみたいものですが、こだわりたいところに予算をつぎ込むために、あえて何かを切り捨てるのも、計画の仕方の一つでしょう。

旅行先の天気と雨対策

気象予報をチェックしよう

旅先で厄介なものの一つが悪天候です。あまり日差しが強いのも、紫外線のことを思えばうれしくはありませんが、だからといって雨に降られても困ります。特に、近年のゲリラ豪雨は厄介な上に危険です。始まりが唐突な上に、勢いも激しいゲリラ豪雨に、旅先で降られるのは避けたいものですね。

最近ではスマートフォンの気象予報アプリも進歩しており、観測のために使われているレーダーもより高性能なものになりつつあります。完全に避けることはできないまでも、気象予報を確認しておけば、その日は雨に降られたときの対策が必須かどうか、判断の材料にできます。

折りたたみ傘とレインコート

ですが、いくら気象予報を確認しても、旅先で突然の雨に降られる可能性は否定できません。そんなときのために、折りたたみ傘やレインコートを準備しておくと安心です。折りたたみ傘の場合、近年では日傘と兼用できるものもあります。雨が降っているときでも、降っていない晴れているときでも、活用できる優れものです。一方、レインコートの場合、背負った荷物まですっぽり覆えるようなものもあります。濡れては困る荷物を背負っているときには、荷物までしっかり守ってくれるので、便利です。

ただし、傘は人が密集している場所では、使用すると人にぶつかる危険性がありますし、レインコートは中が蒸れやすいという欠点もあります。周囲の状況を確かめつつ、最適な方法を選びましょう。

海外旅行記~グアム~

娯楽の楽園グアムpart1

日本の成田空港から約4時間ほどでグアム島に到着します。まず初めにグアムの人は日本のことをよく知っている。これが僕の第一印象でした。なぜならパスポート見せてゲートから出ようとした時現地の人が《thank you yonnkyu シャ乱Q!》というジョークを言ってたからです。そしてまずホテルにチェックイン、そこでなんと当時日本代表の4番打者の松中選手に会いました。そのあと家族で近くのショッピングセンターに行きホテルの前にあるステーキハウス行きました。ステーキ自体は脂身が少なく表面はこげて中は赤く味は美味しいとはいえませんでしたが、アメリカンなステーキに満足でした。

娯楽の楽園グアムpart2

グアム旅行ではイルカウォッチング、スキューバダイビング、ゴルフ、ショッピングと素晴らしい娯楽がたくさんあります。お店の看板には英語と日本語が書いてあり、店員さんもそこそこ日本語が通じるので英語が喋れない人でも大丈夫です。自分が特におすすめしたいのはスキューバダイビングです。船で沖に出て酸素ボンベ担いで潜りました。あの時の感動は今でも忘れません。とにかく海が綺麗、今まで見たことのない海が自分の視界に入ってきました。綺麗すぎてそこが見えますからね。そして魚肉ソーセージをあげると綺麗な魚たちが群がってきます。日本では体験できないので、グアムに行ったらぜひスキューバダイビングしてみてください!

旅行にでかけよう!!

一人旅の怖さと楽しさ

皆さんは一人旅をしたことがありますか?

車で行くのではなく、新幹線や電車を乗り継いで遠くへ出かけるのは普段とは違った楽しみがあります。新幹線を乗るにあたっての時刻表を調べる時からワクワクがとまりません。初めて一人旅をしたときはとても心配で無事につけるかと不安な方も多いと思います。ですが、わからなくなったら恥ずかしがらずに駅員さんに聞くことが大切です!ここに行きたいと伝えるだけでそのために必要な切符の購入を手伝ってくれて一人で悩むよりスムーズにいくことができますよ。一人旅だからこその良さも感じることができると思います。

行く場所をしっかりと調べていくのはもちろん楽しいですが、行き当たりばったりの旅行も楽しいので一度行かれてみてはいかがでしょうか?

ちょっと離れたところへ

近場ではなく遠くへいってみるのも見慣れない風景を見たりするだけでも楽しめたりするものです。特にしたいことは決まっていなくても、このお店なんかいいなと思ってぶらりと寄って買い物をするのも楽しいですよ!一人で行くので自分の行きたいところへ、時間を気にせずゆっくりと過ごして満喫した旅行をしたいですね!一人で行くのは怖いですがスリルがあってハラハラした感じも楽しく、たどり着いた時の喜びも楽しさの一つだと思います。旅行を楽しむにあたって荷造りと予算の把握をしっかりとしていくことが大切ですのでそこを気をつけていきましょう!

ヨーロッパ旅行でお役に立つものを紹介します。

食べ物でお役に立つのは、カップ麺

ヨーロッパ旅行は、飛行機のフライト時間が直行便でも13時間程、乗り継ぎ便ですとそれ以上かかります。成田空港を昼に出発すると、現地に到着するのは当日の夕方になってしまいます。パッケージツアーだと到着日の夕食が付いていないケースが多いので、自力で夕食を摂ることになります。ホテルが街中ではなく近くに食べる所がない、機内食を中途半端に食べてお腹があまりすいていないといった時に、役に立つのはカップ麺です。お湯は、ホテルの部屋に湯沸かしポットがなければ、ルームサービスで「boiled water please」と言えば通じます。

小物でお役に立つものは百円均一で

ヨーロッパのホテルに、ほとんど付いていないのがスリッパです。飛行機の中でリラックスするためにも必需品です。使い捨てにするなら、百円均一のものがおすすめです。ほかに百円均一で役に立つのが、A6サイズ位のファスナー付きビニールケース。これは外貨用の財布にぴったりです。クレジットカードを1枚入れておいたら、それで充分機能します。見た目が財布らしくないので、防犯上もおすすめです。そのほか、ホテルのクローゼットにハンガーは何本か備え付けられていますが、スカートやパンツを挟めるものは少ないので、スカートハンガーを2本位持って行くと役に立ちます。これも百円均一で調達できます。