東京観光では浅草がお勧め

浅草には見所が一杯です

浅草の観光といえば、なんといっても浅草寺です。浅草寺の歴史は長く、既に1300年以上あります。これは世界的にも屈指の長さです。一漁師が仏像を見つけたことから始まった浅草寺ですが、東京最古の寺院であり、海外からも人気があります。坂東三十三箇所観音霊場の札所ですから、霊験あらたかであることは確かです。また、門前町も極めて賑やかですから、お土産にも困ることがないです。ちなみにサンバカーニバルもやっています。時期としては、毎年8月下旬です。人出が凄いですから、あえてそれは避けて観光する人もいるくらいです。

実は歌舞伎なんかもある

歌舞伎といえば、銀座ですが、実は浅草でもやっています。浅草公会堂というところでやっています。若手が主な役者になりますが、それでも十分に楽しめるようになっています。あくまで専門的に歌舞伎に特化したところではないので、専門的とは言いがたいですが、時期があえば見に行くことがお勧めできます。それとお土産は、浅草の仲見世で探すと良いです。江戸時代初頭から既に境内の参道に出店されていたところが一杯あります。非常に歴史が長いお土産屋であるといえます。もちろん、賑わっていますから、それを見るだけでも楽しめるところです。

東京に観光をすることは

新宿がまずはお勧めできるところです

まず、新宿でお勧め出来るのは都庁です。要するに都政をしているところですが、極めて大きな建物です。実は一般開放されており、色々と見て回ることができるようになっています。さらに言えば、展望台もありますから、そこで景色を楽しむことができるようになっています。ちなみに無料であることも一つのメリットです。また、神社も新宿にはあります。それが花園神社であり、新宿総鎮守として地元から愛されています。鳥居が続き、オフィスビルばかりの街の一服の清涼剤ともいえる雰囲気があります。名物に花園饅頭がありますから、お土産によいです。

大きなビルが多いので見応えがある

新宿パークタワーというのがあります。三つの屋根が連なっている極めて特徴的な高層ビルになります。当然ですが、色々とその中に見るべきところがあります。ホテルにもなっていますから、泊まるのであれば、ここがお勧めできます。それと新宿には知っている人は知っている面白い博物館があります。戦後に出来た博物館であり、極めて多くの刀剣が展示されています。後世の残すこと、日本刀を知ってもらうための施設ですから、色々と面白いのは確かです。元々はそんなに有名ではなかったのですが、日本刀人気も相まって、知名度が高くなっています。

東京旅行の一つとしては

新宿が意外とお勧めです

東京の旅行では新宿が意外とお勧めできます。ちなみに新宿は日本一のこ乗り降りしている人が多い駅があります。新宿駅であり、これはある意味では一見の価値があります。まず、新宿御苑というところがあります。昔からここが立派な観光スポットになっています。国立公園であり、翠が多く非常に癒されるところであるといえます。そして、新宿の目玉といえば、東京都庁です。都政の場であり、議事堂かありますし、そこも見学できるようになっていますが、是非とも行くべきところは展望室です。高さは220mであり、都心部を見下ろすことができます。

歌舞伎町なんかもよいところです

歌舞伎町も新宿の一部であるといえます。色々と面白い街ですから、歌舞伎町は見に行ったほうが良いです。飲食店が多く、色々と食事を楽しむことができますから、実は商店街の人達は清掃に力を入れており、清潔感をアピールしようとしているくらいです。また、好きな人には堪らない、刀剣博物館というのがあります。そこまで古い博物館ではなく、戦後にできたものであり、日本刀を後世に伝えるための博物館です。もちろん、海外からの観光客も非常に需要があります。やはり、日本刀は外国人に人気があるわけです。日本人にもお勧めできます。

東京観光は意外と良いところが

まず治安が悪くないです

東京は日本の首都ですから、意外と見るところが多いです。江戸時代の首府でもあったわけで、様々な寺社仏閣もあったわけです。ですから、実は相当に観光名所があります。浅草寺なんかは途轍もなくお勧めできます。外国人がよくいくところでもあります。また、東京駅、皇居なんかも非常に見応えがあるところであるといえます。ちなみに地域によることではありますが、基本的に昼間は治安がそんなに悪いわけではないです。夜はさすがに注意するべき東京の地域もありますが、基本的には昼に行動すれば問題なく観光をすることができるといえます。

横浜あたりに足を伸ばす

東京まできたのであれば、横浜あたりまで足を伸ばすことが極めてお勧めできる観光であるといえます。さすがに歴史がある港町ですから、見るところは一杯あります。赤レンガ倉庫とかかつとは世界一の高さであった建物なんかもあります。スタジアムやイベント会場なんかもあります。大抵は何かをやっていますから、そこを見に行くこともお勧めできます。横浜も色々と良い食事処も多いですから、それも期待できます。ちなみにお土産としてシュウマイなんかがお勧めできます。但し、あくまですぐに渡すことができるのであれば、ということです。

クルーズ船での旅行について

比較的安価に乗船する事も出来る

豪華クルーズ船での旅行は非常に優雅でお金持ちが乗るようなイメージがあります。しかし比較的安い金額で船旅を楽しむ事も可能です。それにはいくつか方法がありその方法でも十分に船旅を楽しめます。まずは期間を短くする事です。船はいろいろな寄港地に寄って進んでいくので、1番短い区間だけ乗船するようにすればいいのです。これであれば日程も短くなりますし全体の料金も下がります。また船室のランクを落とす事でも料金を下げる事が出来ます。船室のランクを下げても館内の設備を問題なく利用する事は出来ますから、楽しみたいのであればいい方法です。

退屈させない設備が満載です

船旅は非常にゆったりと時間が進むので、船で過ごす時間が非常に長くなります。長い時間を船の中という決まったスペースで過ごさなくてはいけないので退屈しない設備が満載になっています。ショッピングが出来るスペースや映画館やプールなどというものは子供であっても十分に楽しむ事が出来ますし、カジノやショーやバーなどは大人が楽しむ事が出来るものになっています。また運動不足になりそうだと感じている人でも安心です。ジムが付いていたり船内をジョギング出来るようなコースが付いているような船もあります。1つの街のようなイメージになっています。

毎年恒例の三重県長島温泉

大人から子供まで楽しめる要素が満載

関西でもっとも有名なレジャー施設になると思いますが、遊園地やプールがあり遊園地においてはほとんど毎年乗り物アトラクションが新しくなっておりいつ行っても新鮮な感覚をあじわう事が出来ます。木製コースターが出来た時はとても衝撃を受け宿泊していたので出来た当初は夜ご飯の後にでも並んで乗りに行った思い出があります。お昼とはまた違った景色を楽しむ事が出来ました。4~5家族の合同で毎年行っていたので子どもの人数も多く自然に一番年上が子どもの人数確認等をしてくれていました。毎年恒例の為子どもも大人もどこに何があるかという事も把握しており親たちも親同士施設の中でくつろいで、子どもも親がどこにいるのか、集合場所や部屋もわかっているので安心して楽しむ事が出来ていました。

子どもの立場から親の立場へ世代交代

物心ついた頃から夏の旅行は長嶋温泉だったのですが、20年以上前は今よりそんなに有名な施設ではなかったような気がします。なので、宿泊した帰りに来年の予約をフロントに言って確保してもらっていたそうです。今は旅行会社を通さないと予約出来ませんが…

現在は皆子どもの親になり、自分たちの親は当然ですが歳をとっていき体力も衰えてきています。が、まだまだ旅行を楽しめる年代です。

ずっと当たり前の様に連れて行ってもらっていた旅行ですが、私たちがしてもらっていたように次は自分たちで旅行の企画をたて子どもも、そして親も楽しめるようにと考えています。自分たちが楽しめていたのは大人がそういう風にしてくれていたんだなと感謝しながら、以前子どもだった私たちで皆が楽しめるような旅行を計画中です。

旅行の移動時間は余計な時間?

より長く目的地を楽しむ

時代とともに交通手段はどんどん発達してきました。より広い範囲を結びつけ、より短時間で人や物を運べるようになりました。

これは旅行の際にも便利なことです。移動の時間が短ければ、目的地に滞在できる時間は長くなります。目的地での観光や体験、休養の時間をより長くとれるようになるということだからです。さらに、移動時間が長くなるのに比例して、蓄積する疲労も増加します。移動に時間と体力を奪われた結果、目的地に着く前に疲れ果ててしまった、という事態が起きにくくなるということも、交通網発達によって生じたメリットと言えます。

移動時間も旅行の一部

しかし、その一方で、移動の過程も旅行の一部と考える場合は、あまりにも移動時間が短くなると、その部分の楽しみがなくなることのつながります。電車の車内から眺める景色や、家族や友人でのトランプなど、移動中に行う旅行特有のイベントがつぶれてしまいます。

もちろん、どちらが良いとも悪いとも言えません。人には好みがあります。目的地で長く過ごすのも、移動時間を楽しむのも、それぞれ旅行の楽しみ方の一つです。

ただ、移動の効率化を求めるのもいいですが、たまには、ゆったりのんびり移動しながら、移り変わる景色と普段の生活から徐々に離れていく感触を楽しむというのも、悪くはないものです。

同じ場所に何度も旅行に行ってみるのもあり

知らない場所に行くだけが旅行ではない

旅行というと、普通はまだ行ったことのない地域や国に行くことを想起するかもしれません。しかし、自分に馴染みがある場所に行くというのも、一つの立派な旅行ではあるのです。たとえば、昔暮らしていた地域にまた戻ってみるというのも立派な旅行の一形態だと言えます。

こうしたタイプの旅行では、まったく知らない場所に行くのとはまた違った感動があるものです。思い出が蘇って、昔の気持ちを思い出すことができます。懐かしい気持ちを得たいのであれば、自分に馴染みのある場所を旅行先に選び出すのも悪くはありません。帰省はこの代表的なものです。

同じ場所に何度も行くのもあり

気に入った場所があるのなら、そこに何度でも旅行に行くといいでしょう。一回ではその地域のすべてを見て回ることはほとんど不可能です。たとえば、オーストラリアなどはあまりにも観光名所が多すぎて、一回の旅行ですべてを回ることは事実上不可能となります。そんな見どころの多い国には、何度でも行ってみる価値があります。行くたびに、新しい感動が生まれることでしょう。同じ地域に行くのですから、交通には神経を使わなくてもよくなります。ある程度分かることも増えているので、二回目からはストレスなく旅行を楽しむことができる可能性が高いです。

海外旅行の際は政府の注意喚起をチェックすべし

海外旅行時には危険な国には近づかないこと

日本は数十年も平和を保ってきている稀有な国であって、こうした国は世界にそう多くはありません。とくに発展途上国などは、内戦を何度も繰り返していたり、テロリストとの戦いを繰り広げていたりするのが当たり前なのです。ですから、日本が平和だからといってその感覚で海外旅行をするのは少し危険だと言わざるを得ません。

できるだけ危険な国には、最初から行かないようにするのが賢明な判断となることでしょう。場合によってはトラブルに巻き込まれて、大変なことになってしまうこともあるからです。とくに女性や、一人で旅をする人には気をつけてもらいたいものです。

どの国がどのぐらい危険かは政府サイトでチェック可能

外務省のサイトに行けば、どの国がどの程度危険であるかはおおよそ見当がつきます。本当に危ない国には行かないようにしてくださいという注意喚起がなされているので一目瞭然です。外務省が危険だとして、行かないようにとメッセージを出しているのなら、素直に従うのが吉です。安全な国はいくらでもありますから、その中から旅行先を選び出しましょう。基本的には小さな島国は安全度が高いことが多いです。こうした国は戦争に巻き込まれることもほとんどなく、テロリストの標的にもなりにくいからです。中東やアフリカの内部あたりは、比較的危険度が高いことも多いです。

学生の旅行:時間と資金

旅行のしやすい大学生時代

旅行をするには、行く場所ややりたいことに見合った時間が必要です。そういった時間を作り出しやすいのが大学生時代です。サークルや宿題にも追われますが、夏休みや春休みには時間をとりやすいものですし、高校生以下と違い、平日の昼間や夜遅くに外を歩いていても、とがめられることはありません。気力や体力もあるので、長期の旅行も計画しやすい時期と言えるでしょう。

しかし、一方で、資金面では制限されます。正社員よりは、アルバイトの方が給料が少ないものですし、貯金をしていたとしても、何年も貯金し続けている社会人と同じようには行きません。

限られる予算でどうする?

こんな時、お金が十分貯まるまで待つ、というのも一つの方法ではありますが、もう一つの方法として、移動手段や宿泊場所を工夫して、必要経費を削減するという方法があります。

移動手段としては高速バスや、夜行バスを選択するという手や、青春18きっぷなどの、お得な乗車券を使うというのも有効です。宿泊場所は、時期によって料金が変化することもありますが、ビジネスホテルなど、安く宿泊できる場所を利用するのが、手っ取り早く経費を削減できる方法です。

とは言ったものの、せっかく旅行するのですから、経費ばかりにこだわらず、楽しめるプランにしたいものです。