ヨーロッパ旅行でお役に立つものを紹介します。

食べ物でお役に立つのは、カップ麺

ヨーロッパ旅行は、飛行機のフライト時間が直行便でも13時間程、乗り継ぎ便ですとそれ以上かかります。成田空港を昼に出発すると、現地に到着するのは当日の夕方になってしまいます。パッケージツアーだと到着日の夕食が付いていないケースが多いので、自力で夕食を摂ることになります。ホテルが街中ではなく近くに食べる所がない、機内食を中途半端に食べてお腹があまりすいていないといった時に、役に立つのはカップ麺です。お湯は、ホテルの部屋に湯沸かしポットがなければ、ルームサービスで「boiled water please」と言えば通じます。

小物でお役に立つものは百円均一で

ヨーロッパのホテルに、ほとんど付いていないのがスリッパです。飛行機の中でリラックスするためにも必需品です。使い捨てにするなら、百円均一のものがおすすめです。ほかに百円均一で役に立つのが、A6サイズ位のファスナー付きビニールケース。これは外貨用の財布にぴったりです。クレジットカードを1枚入れておいたら、それで充分機能します。見た目が財布らしくないので、防犯上もおすすめです。そのほか、ホテルのクローゼットにハンガーは何本か備え付けられていますが、スカートやパンツを挟めるものは少ないので、スカートハンガーを2本位持って行くと役に立ちます。これも百円均一で調達できます。