旅行中にもスマホゲームをする子供が増加中

旅行中にスマホをいじる子どもたちへの対策として

現代はスマホ全盛期と言っても過言ではありません。子供であってもスマホを所持していて、それを使ってゲームなどをしています。中にはスマホ中毒になっているような人たちも少なからずいて、そういった人たちは旅行中であっても周りの景色を見ることなく、スマホの画面を凝視していたりします。こうした問題は特に小さな子供を中心にしてよく見られる傾向だと言われています。親としては、たとえばスマホを触らせる時間を制限したりという工夫が必要になってくることでしょう。フィルタをかけて、無駄なゲームやサイト巡りをできなくさせるのもいいかもしれません。

そもそもスマホを買い与えないのも一手

そもそも、分別がつくまではスマホを買い与えないのも一つの手として有効かもしれません。幸い、日本にはガラケーというものがまだ存在していますから、連絡をするためだけならこうしたものでも十分なはずだからです。ゲームがしたいというのなら、スマホでなくても携帯ゲーム機を購入してあげるのもいいでしょう。スマホよりはできることが少ないですから、中毒になる心配もその分軽減されます。ただ、そうして最新のデジタル機器から遠ざけてしまうと、子供の勉強のためにならないという意見もあります。子供のうちから最新のデジタル機器を使いこなせるようになっておくことこそが、子供ためだという親もいます。

同じ場所に何度も旅行に行ってみるのもあり

知らない場所に行くだけが旅行ではない

旅行というと、普通はまだ行ったことのない地域や国に行くことを想起するかもしれません。しかし、自分に馴染みがある場所に行くというのも、一つの立派な旅行ではあるのです。たとえば、昔暮らしていた地域にまた戻ってみるというのも立派な旅行の一形態だと言えます。

こうしたタイプの旅行では、まったく知らない場所に行くのとはまた違った感動があるものです。思い出が蘇って、昔の気持ちを思い出すことができます。懐かしい気持ちを得たいのであれば、自分に馴染みのある場所を旅行先に選び出すのも悪くはありません。帰省はこの代表的なものです。

同じ場所に何度も行くのもあり

気に入った場所があるのなら、そこに何度でも旅行に行くといいでしょう。一回ではその地域のすべてを見て回ることはほとんど不可能です。たとえば、オーストラリアなどはあまりにも観光名所が多すぎて、一回の旅行ですべてを回ることは事実上不可能となります。そんな見どころの多い国には、何度でも行ってみる価値があります。行くたびに、新しい感動が生まれることでしょう。同じ地域に行くのですから、交通には神経を使わなくてもよくなります。ある程度分かることも増えているので、二回目からはストレスなく旅行を楽しむことができる可能性が高いです。

クルーズ船での旅行について

比較的安価に乗船する事も出来る

豪華クルーズ船での旅行は非常に優雅でお金持ちが乗るようなイメージがあります。しかし比較的安い金額で船旅を楽しむ事も可能です。それにはいくつか方法がありその方法でも十分に船旅を楽しめます。まずは期間を短くする事です。船はいろいろな寄港地に寄って進んでいくので、1番短い区間だけ乗船するようにすればいいのです。これであれば日程も短くなりますし全体の料金も下がります。また船室のランクを落とす事でも料金を下げる事が出来ます。船室のランクを下げても館内の設備を問題なく利用する事は出来ますから、楽しみたいのであればいい方法です。

退屈させない設備が満載です

船旅は非常にゆったりと時間が進むので、船で過ごす時間が非常に長くなります。長い時間を船の中という決まったスペースで過ごさなくてはいけないので退屈しない設備が満載になっています。ショッピングが出来るスペースや映画館やプールなどというものは子供であっても十分に楽しむ事が出来ますし、カジノやショーやバーなどは大人が楽しむ事が出来るものになっています。また運動不足になりそうだと感じている人でも安心です。ジムが付いていたり船内をジョギング出来るようなコースが付いているような船もあります。1つの街のようなイメージになっています。

東京に観光をすることは

新宿がまずはお勧めできるところです

まず、新宿でお勧め出来るのは都庁です。要するに都政をしているところですが、極めて大きな建物です。実は一般開放されており、色々と見て回ることができるようになっています。さらに言えば、展望台もありますから、そこで景色を楽しむことができるようになっています。ちなみに無料であることも一つのメリットです。また、神社も新宿にはあります。それが花園神社であり、新宿総鎮守として地元から愛されています。鳥居が続き、オフィスビルばかりの街の一服の清涼剤ともいえる雰囲気があります。名物に花園饅頭がありますから、お土産によいです。

大きなビルが多いので見応えがある

新宿パークタワーというのがあります。三つの屋根が連なっている極めて特徴的な高層ビルになります。当然ですが、色々とその中に見るべきところがあります。ホテルにもなっていますから、泊まるのであれば、ここがお勧めできます。それと新宿には知っている人は知っている面白い博物館があります。戦後に出来た博物館であり、極めて多くの刀剣が展示されています。後世の残すこと、日本刀を知ってもらうための施設ですから、色々と面白いのは確かです。元々はそんなに有名ではなかったのですが、日本刀人気も相まって、知名度が高くなっています。

初心者さんにもおすすめ!旅行するなら、気楽に楽しいバスツアー

準備いらず、手間いらず、楽々バスツアーの魅力

バスツアーの1番の魅力は手間がいらない、ということです。コースを組み立てる労力もいりませんし、新幹線やバスの座席を確保する手間も、宿泊施設を比較検討する手間もいりません。特に人気の観劇チケットや、テーマパーク、観光スポットのチケットは確保するだけで一苦労ということもありますが、その手間もなし。申し込みだけ完了していれば、当日バスに乗るだけでいいのですから、とても楽です。旅行には行きたいけれど、何をどう手配したらいいかわからない、という旅行初心者さんにも気楽に楽しめます。

当日、乗り換えや運転を気にすることなく、バスに乗っているだけでいいというのも嬉しいところ。移動中はしっかり寝てパワーを蓄え、目的地では思う存分楽しむ、という気楽で体に優しい楽しみ方もできます。

楽しさ倍増!旅のプロ・添乗員さんに学べ!

新聞の折り込み広告やインターネットで気軽に手配できるバスツアーですが、ひとつだけポイントを上げるとすれば、添乗員さんがつくツアーを選んだ方が楽しさが増します。添乗員さんに、その土地や観光スポットの裏技的な楽しみ方を教えてもらえるからです。お買い物ツアーや人気観光地で自由時間のあるツアーは、行ったはいいけれどぶらぶらしただけで終わってしまった、ということになりがち。そうならないためにも、バスの中や休憩中にお勧めスポットや人気のお土産をプロに伝授してもらえる、添乗員さんつきツアーがお得なのです。

ここは初めてなので、と打ち明ければお勧めスポットまで案内してくださる添乗員さんもいるので、恥ずかしがらずどんどん質問すれば、旅の楽しみが増すこと請け合いです。

卒業旅行の行き先として人気な二大都市

沖縄は物価も安くて若い人には人気

卒業旅行は秋から冬にかけて行うのが普通ですが、その時期にも沖縄ではさまざまなレジャーを楽しむことができます。沖縄の海は一年中20度以上あるのが普通ですから、秋から冬のシーズンであってもスキューバダイビングを楽しむことは十分に可能なのです。学生ならアクティブに楽しみたいでしょうし、そもそも物価がとても安くてお金のかからない沖縄は人気が高いです。海外旅行と違ってパスポートも必要ありませんし、飛行機で行くにしても格安航空券が使えることがあります。若い人たちには外すことのできない旅行先になっているのも納得です。

北海道旅行は卒業旅行の定番

沖縄と対をなすように人気が高いのが、北海道旅行です。卒業旅行シーズンは、まさに北海道を巡るのにぴったりの時期であって、素晴らしい雪景色が見られたりします。冬の間は北海道は、観光客をもてなすことに必死ですし、食べ物屋さんを回ったりするだけでも充実した体験になることでしょう。北海道は都市部での滞在が主になり、都会的な暮らしに慣れている若い人たちでも違和感を感じることはありません。東京のホテルと遜色ないレベルの部屋に入れますし、街にも見どころはいっぱいです。定番の観光スポットを回っているだけで、何も考えなくても楽しめるのがいいところでしょう。

いくつかの観光名所が東京都には

東京には寺も多くあります

東京と言うのは、日本の首都ではありますが、観光地でもあります。物凄く沢山の観光名所がありますから、ですから、色々といってみると良いです。比較的狭い地域に名所があるので、色々と見て回るのが楽、という側面があるのが大きなメリットです。銀座、有楽町あたりから初めて、浅草寺あたりまで出る、というのがまずお勧めできます。新宿、渋谷、原宿のようなところであろうとも見る価値があるところはいくらでもあります。寺はそんなにないですが、新宿なんかは都庁だけでも見に行くのがお勧めできます。まして、新宿駅は世界一の駅です。

国立新美術館というところ

美術館もいくつもありますが、最近では国立新美術館がお勧めできます。設立は2007年とかなり新しいところです。珍しいタイプの美術館であり、所蔵品を持たないのです。場所は六本木です。展覧会、情報収集の場と資料の提供、そして、教育普及を事業の内容としているので、美術資料を公開しており、また、気軽に閲覧できるようになっています。アートライブラリーには閲覧室があります。現在は合計で13万冊を所蔵しており、美術資料に特化している美術館です。今のところ、そこまで観光名所としては名が挙がることはないですが、だからこそ、行くのです。

海外旅行記~グアム~

娯楽の楽園グアムpart1

日本の成田空港から約4時間ほどでグアム島に到着します。まず初めにグアムの人は日本のことをよく知っている。これが僕の第一印象でした。なぜならパスポート見せてゲートから出ようとした時現地の人が《thank you yonnkyu シャ乱Q!》というジョークを言ってたからです。そしてまずホテルにチェックイン、そこでなんと当時日本代表の4番打者の松中選手に会いました。そのあと家族で近くのショッピングセンターに行きホテルの前にあるステーキハウス行きました。ステーキ自体は脂身が少なく表面はこげて中は赤く味は美味しいとはいえませんでしたが、アメリカンなステーキに満足でした。

娯楽の楽園グアムpart2

グアム旅行ではイルカウォッチング、スキューバダイビング、ゴルフ、ショッピングと素晴らしい娯楽がたくさんあります。お店の看板には英語と日本語が書いてあり、店員さんもそこそこ日本語が通じるので英語が喋れない人でも大丈夫です。自分が特におすすめしたいのはスキューバダイビングです。船で沖に出て酸素ボンベ担いで潜りました。あの時の感動は今でも忘れません。とにかく海が綺麗、今まで見たことのない海が自分の視界に入ってきました。綺麗すぎてそこが見えますからね。そして魚肉ソーセージをあげると綺麗な魚たちが群がってきます。日本では体験できないので、グアムに行ったらぜひスキューバダイビングしてみてください!

どうすれば格安で旅行ができるのか?

夏休み期間などの混雑時は回避する

夏休みや正月休み、ゴールデンウィーク期間などは、たくさんの人が旅行にでかけようとします。飛行機のチケットはもちろん、旅館の値段もアップする可能性が高いですから、こうした混雑時は回避するのが賢い方法となります。できれば他の人が旅行をしないような時期に行けば、費用を安く済ませることができるでしょう。その上、一般的な飛行機チケットではなくて格安航空券を利用すると、大幅に費用負担を削減できるのは現代の常識です。もちろん、行き先の選定も値段を大きく左右しますから、安い地域に旅行に行くというのも費用削減のセオリーになります。

円高の時期に旅行をすると安く済む

円が高い価値を持っているときに海外旅行をすれば、その分費用負担は減らせます。円が強いですから、少ない金額でも現地で大きな買い物ができたりします。円高だというニュースが流れたら、海外旅行をするチャンスだと覚えておくといいでしょう。逆に円安のときに海外に行くと、ちょっとした買い物でも割高感が出てしまうのであまりお得とはいいがたいです。こうした時期には、できれば国内旅行をすることでダメージを最小限に食い止めるなどの工夫が求められます。他にも、ツアー旅行に参加することで費用を抑えるなどの工夫もできます。