海外旅行で得する両替術

物価を比較して両替する国を選択

海外旅行をするときに、現地の通貨も必要になります。通貨のレートは基本的には同じですが、実際は換金手数料がレートに追加されるので、手数料の安いところで両替すれば、お得になります。手数料は物価の安い国ほど安くなる傾向がありますので、両替をしたいと思う方は、これから行く国と日本の物価を比べて行先の方が安いようでしたら、行った先で両替をするとお得になります。また、行った先で現地通貨が余った場合は、また行く場所でしたら、日本円に戻して2重に手数料を取られるよりも、取っておくほうがお得に利用することができます。

一番手数料が安いのはキャッシング

行く先が銀行のATM等が充実している国でしたら、必要なお金を現地のATMでカードのキャッシングで引き出すことをオススメします。カードのキャッシングは、換金手数料がかかりませんので(引出しの手数料はかかります)、お得に現地通貨を手に入れることができますし、こまめに引出すことで、使わない現地通貨を抑えることができます。ただし、キャッシングはあくまで借入金になりますので、日本に戻ったら、すぐに返済してしまい、利子負担が大きくならないようにすることが大切です。また、長期で海外に滞在する方の場合はキャッシングの方が損する場合もありますので、いつ返済できるかを考えて利用しましょう。

国内旅行は必要最低限の荷物を持って行くのがいい

国内旅行で持って行くと安心できる持ち物

旅行に出掛ける時の持ち物は国内と海外では違いがあります。国内旅行の場合、忘れ物をしたら旅行先のお店で簡単に買えますが、海外では簡単に買えないものもあるので注意が必要です。まず、国内旅行の場合、現金やクレジットカードの他にも健康保険証を持って行く事をお勧めします。旅行先には健康保険証を持って行かない方も多いようですが、健康保険証を持っていかずに診察を受けると一旦、全額を支払う事になります。後から手続きを行えば払い戻しは出来ますが、手間が掛かるので持って行った方が安心です。また、万が一の時に備えて銀行のキャッシュカードを持って行くといいでしょう。

旅行に必要なものと不要なもの

また、学生は学生証を持って行くとお得にサービスを受けられるお店もあります。旅行に持って行くと便利なものはたくさんありますが、あまり持ち過ぎると帰りはお土産も増えますから、必要最低限のものを持って行くのがいいかもしれません。歯ブラシやシャンプー、髭剃りなどアメニティは揃っていますし、パジャマやバスタオルも必要ありません。旅行に行く時期にもよりますが、夏や秋は衣類もかさばらないので荷物の量を減らせます。また、ノートパソコンを持って行く方も多いですが、携帯やスマホでも十分活用できますし、どうしても必要な時は旅行先のネットカフェを利用すると荷物を減らす事も出来ます。

いくつかの観光名所が東京都には

東京には寺も多くあります

東京と言うのは、日本の首都ではありますが、観光地でもあります。物凄く沢山の観光名所がありますから、ですから、色々といってみると良いです。比較的狭い地域に名所があるので、色々と見て回るのが楽、という側面があるのが大きなメリットです。銀座、有楽町あたりから初めて、浅草寺あたりまで出る、というのがまずお勧めできます。新宿、渋谷、原宿のようなところであろうとも見る価値があるところはいくらでもあります。寺はそんなにないですが、新宿なんかは都庁だけでも見に行くのがお勧めできます。まして、新宿駅は世界一の駅です。

国立新美術館というところ

美術館もいくつもありますが、最近では国立新美術館がお勧めできます。設立は2007年とかなり新しいところです。珍しいタイプの美術館であり、所蔵品を持たないのです。場所は六本木です。展覧会、情報収集の場と資料の提供、そして、教育普及を事業の内容としているので、美術資料を公開しており、また、気軽に閲覧できるようになっています。アートライブラリーには閲覧室があります。現在は合計で13万冊を所蔵しており、美術資料に特化している美術館です。今のところ、そこまで観光名所としては名が挙がることはないですが、だからこそ、行くのです。

新婚旅行で沖縄・石垣島へ

石垣島のきれいな海?

新婚旅行で、石垣島・竹富島へ行きました。実は、旅行の数日前に台風が直撃!旅行へ行けるのかと不安に思っていましたが、台風が思いのほか早く通過してくれたおかげて、旅行へ行くことが出来ました。きれいな海、透き通るような空・・想像はふくらみます。実際着いてみると、街路樹は倒れ、海は赤茶色で思った海とは少し違っていました。ですが、石垣島から竹富島までの船は最高でした。港から離れるとなんとも言えない青い海。私の思い描いた海でした。竹富島でも砂浜へ行くことが出来ました。星の砂を集めながら、遠くに見える島を眺め、南の島を満喫しました。

沖縄の美味しい料理に舌鼓

沖縄といえば、なんといってもソウキソバ。それだけしか知らない私でした。せっかく沖縄に来たのだから、美味しい沖縄の料理を頂きたいねと、主人とお店を探し美味しい食事を頂きました。石垣島では、グルクンのフライ、アーサの天ぷら。ソウキソバにそうめんチャンプルー。

どれもおいしいものばかり。食事をしていると、テーブルには、見慣れない赤い物が入った調味料。とても気になりましたが、初めてみるので手に取ることが出来ませんでした。よく観光雑誌を見てみると、沖縄のこーれぐすという調味料でした。一度使ってみるとやわらかい辛さにびっくりでした。私は、美味しさにはまり、おみやげに買って帰りました。まだまだたくさんおいしいものがある沖縄へいきたいです。

オーストラリア旅行で見逃せない観光スポット

エアーズロックは定番中の定番

オーストラリアには、多数の観光スポットがあります。主に内陸部のスポットと、海岸沿いのスポットとに分かれますが、内陸部のものであればエアーズロックが有名です。エアーズロックというのは、自然のままの巨大な一枚岩のことです。世界で二番目の大きさの一枚岩なのですが、日本人にはとても馴染みが深く、知らない人がいないぐらい有名なものです。大地の只中に佇む巨大な岩は、見ているだけでも感動的です。時間をコントロールして、夕日とともに鑑賞することができれば、一生の思い出になることが間違いありません。お金の消費もないのでこうしたスポットは人気です。

シドニーのオペラハウスは夜に行きたいスポット

シドニーのオペラハウスは、東京のスカイツリーなどと同じように、夜にはとても美しくライトアップがされます。もちろん中に入っても楽しめる観光スポットなのですが、遠めから眺めているだけでも感動的なものです。海沿いにありますから、昼間はスキューバダイビングやホエールウォッチングをして、夜にオペラハウスにやってきて仲の良い友達や恋人とステキな時間を過ごすというのが定番になりつつあります。周辺は美味しいレストランも豊富で、お土産物を買うこともできます。一種の商業地化を果たしているので、滞在に不便をすることもありません。

卒業旅行の行き先として人気な二大都市

沖縄は物価も安くて若い人には人気

卒業旅行は秋から冬にかけて行うのが普通ですが、その時期にも沖縄ではさまざまなレジャーを楽しむことができます。沖縄の海は一年中20度以上あるのが普通ですから、秋から冬のシーズンであってもスキューバダイビングを楽しむことは十分に可能なのです。学生ならアクティブに楽しみたいでしょうし、そもそも物価がとても安くてお金のかからない沖縄は人気が高いです。海外旅行と違ってパスポートも必要ありませんし、飛行機で行くにしても格安航空券が使えることがあります。若い人たちには外すことのできない旅行先になっているのも納得です。

北海道旅行は卒業旅行の定番

沖縄と対をなすように人気が高いのが、北海道旅行です。卒業旅行シーズンは、まさに北海道を巡るのにぴったりの時期であって、素晴らしい雪景色が見られたりします。冬の間は北海道は、観光客をもてなすことに必死ですし、食べ物屋さんを回ったりするだけでも充実した体験になることでしょう。北海道は都市部での滞在が主になり、都会的な暮らしに慣れている若い人たちでも違和感を感じることはありません。東京のホテルと遜色ないレベルの部屋に入れますし、街にも見どころはいっぱいです。定番の観光スポットを回っているだけで、何も考えなくても楽しめるのがいいところでしょう。

東京観光には名所がいくつも

築地は意外と観光に適しています

東京観光で人気があるのが、築地です。かつては江戸の台所を賄っていたほどの魚の取引がされていたところです。今でも大量の取引がされています。実は観光ルートとしても人気があり、築地もそれをしっかりと受け入れています。取引をしているところを見せてくれたり、新鮮な魚が食べられるお店も沢山あります。銀座から歩いていくことができます。そこから観光しにいくとよいです。ちなみにさすがに年末年始はやっていないのでそこは注意です。特に外国人に人気があるスポットの一つになっています。日本人にもお勧めできるところもあります。

靖国神社もお勧めできます

東京の名所の一つとしては、靖国神社がお勧めできます。明治2年、西暦にしますと1869年に造られた神社ですから、日本の寺社仏閣としては、古いわけではないです。しかし、その神社の性質上、色々と問題もありますし、また、だからこそ、見に行く価値があるところでもある、ということになります。明治維新から現代までの戦歿者の御霊を祀っている神社です。宝物殿などもあり、また、神社の境内近くでは定期的に骨董市が開かれています。ちなみに東京の桜の開花はここの桜で決まることになっています。気象庁の職員が靖国神社の桜を見て、決めています。その桜を見るとよいです。

家族三人で神戸へ旅行

神戸須磨水族館へ行った

家族で、神戸にある須磨水族館へ行きました。子供にとって初めての水族館でしたので、とても興奮していました。水族館では、色々なイベントがありました。イルカのショーやえさやり体験、ペンギンへのえさやり体験、アザラシタッチ。どれも子供にとって楽しみなものでしたが、募集の残りがあったのが、アザラシタッチでした。初めてアザラシに触った子供は、大きなアザラシにびっくりしながらも、そーっと触れていました。ザラザラした背中が可愛かったようです。帰りには、アザラシの人形を買ってもらい、素敵な経験が出来ました。疲れたのか、帰りはすっかり寝てしまいました。

神戸アンパンマンミュージアムへ

娘は、アンパンマンが大好きです。2人目の子供が生まれる前に、大好きなアンパンマンと触れ合うことが出来ればと思い、出かけました。開場よりも少し早く着きましたが、やはり人気なのかたくさんの人が並んでいました。開場までの間、中を見たり、アンパンマンが登場したりと子供も飽きずに待っていられました。中に入ると大きなアンパンマンのオブジェが待っていました。娘は目を丸くさせて大興奮です。ミュージアムの中は、子供が大好きなものばかり。滑り台や、アンパンマン号に乗ったり、SLマンに乗ったり、パン工場の中を探検したりと、時間を忘れて楽しみました。下の子が大きくなったらまた行こうね、と約束して帰りました。

初心者さんにもおすすめ!旅行するなら、気楽に楽しいバスツアー

準備いらず、手間いらず、楽々バスツアーの魅力

バスツアーの1番の魅力は手間がいらない、ということです。コースを組み立てる労力もいりませんし、新幹線やバスの座席を確保する手間も、宿泊施設を比較検討する手間もいりません。特に人気の観劇チケットや、テーマパーク、観光スポットのチケットは確保するだけで一苦労ということもありますが、その手間もなし。申し込みだけ完了していれば、当日バスに乗るだけでいいのですから、とても楽です。旅行には行きたいけれど、何をどう手配したらいいかわからない、という旅行初心者さんにも気楽に楽しめます。

当日、乗り換えや運転を気にすることなく、バスに乗っているだけでいいというのも嬉しいところ。移動中はしっかり寝てパワーを蓄え、目的地では思う存分楽しむ、という気楽で体に優しい楽しみ方もできます。

楽しさ倍増!旅のプロ・添乗員さんに学べ!

新聞の折り込み広告やインターネットで気軽に手配できるバスツアーですが、ひとつだけポイントを上げるとすれば、添乗員さんがつくツアーを選んだ方が楽しさが増します。添乗員さんに、その土地や観光スポットの裏技的な楽しみ方を教えてもらえるからです。お買い物ツアーや人気観光地で自由時間のあるツアーは、行ったはいいけれどぶらぶらしただけで終わってしまった、ということになりがち。そうならないためにも、バスの中や休憩中にお勧めスポットや人気のお土産をプロに伝授してもらえる、添乗員さんつきツアーがお得なのです。

ここは初めてなので、と打ち明ければお勧めスポットまで案内してくださる添乗員さんもいるので、恥ずかしがらずどんどん質問すれば、旅の楽しみが増すこと請け合いです。

鎌倉観光は寺が中心になります

報国寺に行って見よう

鎌倉観光は確実に寺が中心になります。古都鎌倉を堪能するには、やはり寺です。その一つに報国寺というのがあります。報国寺は、別名で竹の寺です。つまりは、竹林が名所になっている、ということです。お茶を飲むところもありますから、竹林を見ながらの風情ある茶を堪能することがお勧めできます。ちなみに抹茶です。もちろん、それ以外にも美しい庭もありますし、本堂は極めて壮麗です。さすがに鎌倉にはお寺が山のようにありますから、報国寺のみならず、色々と見て回ることがお勧めできます。ちなみに意外と海も近い土地でもあります。

長谷寺もお勧めできるところ

アジサイの名所として人気、有名であるのが長谷寺です。こちらもとてもお勧めできる観光の名所になっています。観音山にある下境内に加えて、中腹にある上境内の二つになっていっています。折角なので、両方見に行ったほうがよいです。入山口は下境内です。池が二つあり、その周囲も散策できるようになっています。また、花の寺と言われることもあるくらいですから、四季折々の花々を楽しめるようになっています。鎌倉の西方浄土を自称しているくらいです。それだけ実に世俗離れした光景である、ということです。だからこそ、見に行くわけです。